図書紹介

ピックアップ

三重学

著者 朴恵淑/編著
出版社 風媒社

三重学 <産・官・学・民>で育む 持続可能な三重創りに向けて,各界の42人が執筆。中でも,末松則子鈴鹿市長が,女性の活躍について強く発信しています。

ダンナのための妊娠出産読本

著者 萩田和秀
出版社 講談社+α新書

ダンナのための妊娠出産読本 たくさんの妊婦や赤ちゃんと,その家族と接してきた産科医自らが語り下した本です。妊娠や出産のリスクを知り,妻の気持ちに寄りそえるようになれる一冊です。

何を怖れる フェミニズムを生きた女たち

著者 松井久子編
出版社 岩波書店

何を怖れる フェミニズムを生きた女たち ウーマン・リブ(女性であるために受ける差別と,それを支えている社会の意識の変革を目指す女性解放運動。)の第一世代として,批判や攻撃をものともせず,最前線で活躍してきた12人の女性達の話。彼女たちが自らの人生と,フェミニズムへの思いを語った貴重な同時代史。

おひとりさまの最期

著者 上野千鶴子
出版社 朝日新聞出版

おひとりさまの最期 「在宅ひとり死」のススメ。身近な友人の死を経験して「次はいよいよ私の番だ!」と切実な関心のもとに,医療・看護・介護の現場への取材から得た収穫を,惜しみなく大公開。

ふたり老後もこれで幸せ

著者 辻川覚志
出版社 水曜社

ふたり老後もこれで幸せ ふたりなら,ふたつの個性があります。不満があるのはあたりまえ。でも,ひとりになるまでは,ふたりなのです。

象の背中 −旅立つ日− 【絵本版】

原作 秋元 康
出版社 光文社

象の背中 −旅立つ日− 【絵本版】 悩んだとき,上手くいかないとき,腹が立ったとき,悲しいとき,そんな時にこの絵本を見ればきっと元気が出ることでしょう。父親に一番見てほしいし,母親にも見てほしい,ほっこり,切なく,悲しい,それでいて元気の出る泣ける絵本です。

専業主婦になりたい女たち

著者 白河桃子
出版社 ポプラ新書

専業主婦になりたい女たち 女性の多くが出産もしくは育休後の復帰を経て,会社を辞めている。男性と肩を並べて受験や就職活動にも勝ち抜き,出産後の就業継続の意欲もあった女性たちがそのような選択に至るのはなぜなのか。また会社に残ったとしても,意欲が低下したように捉えられてしまうのはなぜなのか・・・

男おひとりさま道

著者 上野千鶴子
出版社 文春文庫

男おひとりさま道 女のおひとりさまと男のおひとりさまとでは,生きていくための暮らしの知恵がちょっと違う。人生の下り坂を降りるスキル,よい介護を受けるためのハウツー,ひとり暮らしの仕方や,人間関係のコツ,そして,幸福な在宅ひとり死まで…。 かゆいところに手が届くような作りで,男ひとりの老後暮らしに,必携の一冊です。

女子と就活

著者 白河桃子+常見陽平
出版社 中公新書ラクレ

女子と就活 就活に苦戦する女子も,将来が見えない社会人女子も,不安の正体がわかれば怖くない!
短期的な就活戦術から中長期の出産・育児まで「結婚では食べていけない時代」の、産める仕事生活マニュアル。

自分を予約する手帳術

著者 佐々木かをり
出版社 ダイヤモンド社

自分を予約する手帳術 毎日が忙しいと思っている人でも,1日を振り返って,やったことを並べてみると,そのちっぽけさにがっかりすることはないだろうか。ここでは忙しさと成果のアンバランスに悩む人々に,自分の「持ち時間」を可視化し,仕事の生産性を上げるための時間管理術を提案します。

大人になる前のジェンダー論

著者 浅野富美枝,池谷壽夫,細谷実,八幡悦子
出版社  はるか書房

大人になる前のジェンダー論 男女ということにこだわりながら,友だちづきあい・容姿,セックス。恋愛,家族,仕事と将来,などの問題をとりあげ,大人になるための作法と予備知識を提示しています。

▲ このページのトップへ

〒513-0801 三重県鈴鹿市神戸二丁目15番18号(かんべ再開発ビル3F)

TEL 059-381-3113 FAX 059-381-3119 E-mail danjokyodosankaku@city.suzuka.lg.jp

鈴鹿市地域振興部男女共同参画課(男女共同参画センター) All rights reserved.